Amazonギフト券を利用した現金化方法は拒絶されている?

Amazonギフト券を利用した現金化方法は拒絶されている?

 

現金化業界でお手軽な現金化方法として普及してきた携帯キャリア決済の現金化方法。

 

この現金化の方法はクレジットカードが必要ないため、現金化として有名になりその手軽さから幅広く広がっていきました
携帯1つでといいましたが今現在では、携帯とプリペイドカードが必要になります。

 

このプリペイドカードは各携帯キャリアで利用するカードが違ってくる様になっています。

 

  • au: auウォレットカード
  • Softbank: Softbankカード
  • Docomo: バンドルカード

 

以上のような組み合わせで携帯キャリア決済現金化を行う事が可能なのですが、本来はスマホ、携帯1つで現金化を行う事が可能な現金化方法だったのです。

 

携帯キャリア決済の大打撃『PINCOM』の利用不可

『PINCOM』の利用不可

 

元々、携帯キャリア決済はプリペイドカードが無くても現金化をおこなえる事が可能でした
その携帯キャリア現金化の現金化に利用していたのが、『WebMoney PINCOM』通称ピンコムです。

 

このサイトはどの携帯キャリア決済でもAmazonギフト券を購入する事が出来たからです。
その理由から、携帯キャリア現金化を行う時はピンコムでAmazonギフト券を購入してそのギフト券を現金化し、現金を手に入れるという方法なのです。

 

しかし、このピンコムが2017年11月に携帯キャリア決済でのAmazonギフト券の購入を全面的に禁止してしまいました。

 

その為、現金化業者は新たな現金化方法を見つけ無ければいけませんでした。

 

Amazon公式サイトでの購入方法

Amazon公式サイトでの購入方法

 

ピンコムが使えなくなってしまったことにより、窮地に立たされたAmazonギフト券の現金化方法ですが他の購入方法が存在していました。
その方法はAmazon公式サイトでのギフト券の購入です。

 

実は公式サイトでも携帯キャリア決済を利用してギフト券を購入する事が出来たのです。
しかし、この公式サイトでのAmazonギフト券の購入は現金化目的と感付かれる事が多く、業者から指定された金額分のギフト券を購入する際に決済が通らなくなったりするという問題もしばしありました

 

PINCOMがどれだけ便利だったのかという事を思い出しながらも根気勝負でギフト券を購入していた利用者も多いかもしれません。
そしてここで更なる問題が発生してしまうのです。

 

Amazon公式サイトでのキャリア決済が不可能に

Amazon公式サイトでのキャリア決済が不可能に

 

一度は絶望を見た携帯キャリア決済現金化でしたが、公式サイトで購入出来る事を支えにし何とかサービスの提供を行っていました。
しかし、ここで更なる絶望が携帯キャリア決済現金化に襲い掛かりました。

 

まさかのAmazon公式サイトが携帯キャリア決済を利用したAmazonギフト券の購入を全面的に禁止にしてしまったのです。

 

これは現金化業界では相当の大事件となりました。
現金化利用者も現金化業者も『携帯キャリア決済現金化は終わった』と思わざるをえない状況となっていました。

 

しかし、冒頭でもご説明した通り、プリペイドカードを用いた方法であれば携帯キャリア決済現金化を行うことは可能となっているのです。
そして今の携帯キャリア決済現金化方法が誕生したのです。

 

バンドルカードの存在は大きい

バンドルカードの存在は大きい

 

auはauウォレットカードSoftbankはSoftbankカードがあるようにドコモにもdポイントカードが存在しています。

 

しかし、ここで問題なのが予めカードを持っていないとすぐに現金化を行えないという事になります。
基本的に各キャリアの発行するカードが届くのは1週間から2週以上経たなければ送られてくる事はありません。

 

そこで注目を受けたのがアプリ型のプリペイドカード『バンドルカード』です。

 

このカードの強みはその日の内にプリペイドカードを取得する事が出来るのです。
その為、各キャリアのプリペイドカードを持っていなくても即日で現金化を行う事が可能となりました。

 

バンドルカードはドコモしか利用できない

バンドルカードはドコモしか利用できない

 

便利なバンドルカードではありましたが、この便利さを利用できるのはドコモの携帯を持っている方に限られてしまうのです。

 

勿論、プリペイドカードを利用するという普通の利用方法ではどの携帯キャリアでも利用は可能なのです。
しかし、現金化での利用となるとドコモのケータイ払いでしかキャリア決済でのチャージが出来ません

 

その為、auとSoftbankをお持ちの方には使う意味の無い代物となっているのです。

 

携帯キャリア決済現金化の存亡は危うい?

携帯キャリア決済現金化の存亡は危うい?

 

しかし、このバンドルカードもどうやらキャリア決済が出来なくなるという噂が立ち始めてきました
そうなると、各携帯キャリアのプリペイドカードを持っている方しか現金化を行う事ができなくなってしまいます。

 

もしもこのカードを持っていない方は今すぐに発行の手続きをする事をオススメいたします。
しかし、携帯キャリア決済がこの先もずっと利用し続けられる可能性は極めて低いと言えるでしょう。

 

半年も経たないうちに、2回もサービスの提供が不可能になりかけているという事は明確な意思の元、携帯キャリア決済というサービスの撲滅を図っているとしか考えられません。

 

これらから先も、携帯キャリア決済現金化を問題なく利用する事は果たして可能でしょうか?

 

現金化を今後も利用するという方はクレジットカード現金化と携帯キャリア決済現金化を比較した時、資金調達を安全に行う事が出来るのはどちらなのかを選択する時期なのかも知れません。

 

クレジットカードを換金するための仕組みを解説