キャッシュバックによるクレジットカード現金化の方法

キャッシュバックによるクレジットカード現金化の方法

 

カードのショッピング枠を現金化する方法としてもっとも手軽に利用することができ効率のよい手段とされているのがキャッシュバック方式による資金調達方法になります。
現在、インターネット上にあるクレジットカード現金化サイトのほとんどがキャッシュバックによる現金化方法を採用しております。

 

それまではクレジットカードで換金性の高い商品を購入し転売する商品買取り方式という方法が一般的となっていました。
詳しくはこちらをご覧ください。
商品買取による方法

 

このキャッシュバックの登場により、それまでの方法よりも効率がよく簡単にできる方法としてこの業界に定着しました。

 

ではこのキャッシュバック方式の仕組みから確認していってみましょう。

 

キャッシュバック方式の仕組み

キャッシュバック方式の仕組み

 

商品買取り方式はショッピング枠の換金目的によるクレジットカードの不正使用とされる可能性はありました。

 

しかし、キャッシュバック方式の場合には換金目的には該当しません。
その理由としては、クレジットカードで商品を購入するのは同じなのですがそれを転売する訳ではなく、商品を購入した特典として現金のキャッシュバックが受けられるという仕組みなのです。

 

そのため換金目的にはならず、本来支払いが完了するまでの所有権はカード会社にある商品を転売する必要もなくなります。
そいうった点からもショッピング枠を換金したい人にとっては画期的な手段でもあります。

 

キャッシュバック方式の利用手順

キャッシュバック方式の利用手順

 

仕組みもわかったところで、キャッシュバック方式の現金化業者の利用手順を確認していってみましょう。

 

  1. 業者に申し込みをする
  2. 個人情報の登録・本人確認をする
  3. 利用金額を伝える
  4. 商品を購入する
  5. 現金が口座に入金される
  6. 商品が届く

 

以上のような手順でキャッシュバック方式の現金化を行います。

 

ご覧いただければわかるように、キャッシュバック方式を利用するにあたって利用者が行う手続きは申し込み・個人情報登録・利用金額を伝える
この3つです。

 

後は現金化業者が勝手に行ってくれるので手間が掛かりません。

 

最後に商品を受け取るだけですが、この商品の配送先も指定できるので家族怪しまれる事はありません。

 

キャッシュバック方式に違法性はあるのか?

キャッシュバック方式に違法性はあるのか?

 

2011年に全国初のクレジット現金化業者が逮捕されました。
それまでは違法性はないとされていたキャッシュバックによる方法が貸金業法違反及び出資法違反として有罪判決を受けました。

 

この判例により「キャッシュバックは違法」という見方が強くありますが、逮捕された業者が全ての利用者の対して商品の発送を行っていないなどの落ち度もあり、その点を改善すれば違法性を問うのは困難とも言われております。
現に堂々と営業しているキャッシュバックの業者が多数存在しております。

 

以上の理由からキャッシュバック方式のクレジットカード現金化に違法性は無いという事がわかります。

 

キャッシュバック方式についてのまとめ

キャッシュバック方式についてのまとめ

 

いかがでしたでしょか?
以上がキャッシュバック方式についてのご紹介となります。

 

このようにキャッシュバック方式の現金化の方法などを見ていただいてわかった事は、とても手軽で利用しやすいという事なのではないでしょうか?

 

先程もご説明させていただいたようにキャッシュバック方式は、業者に電話して伝えることを伝えたらそこで利用者のやる事はもう何もありません。
後は現金が口座に入金されるのを待つだけです。

 

その入金スピードも業者によって変わってきますが、優良の業者であれば素早く入金してくれるので遅くて1時間以内早くて15分以内には全ての手続きが終了します。

 

これなら会社の昼休みでも手続きを行う事が出来ますよね。

 

更に違法性についてもお話させていただきましたが、逮捕されたのは業者の落ち度によるもの。
健全なサービスを行っている優良業者には関係の無い話になります。

 

つまり優良のキャッシュバック方式の現金化業者を利用すれば何も問題は無いという事なのです。

 

当比較サイト、『クレジットカード現金化優良店比較MAX』では、現金化業者を優良順にご紹介したランキングを掲載しております。
もしも今すぐに優良の現金化業者を知りたいという方はこちらのランキングを参考にご覧ください。

 

優良の現金化業者ランキング