カード現金化サービスを利用する資格と必要書類

カード現金化サービスを利用する資格と必要書類

 

クレジットカードのショッピング枠をお金にするためには最低限の条件があり大人であれば誰でもできるというわけではありません。

 

その条件というのは厳しいものではなく、ごく普通に仕事をしている一般的な方なら利用することは可能です。

 

カード現金化サービスの利用資格

 

カードのショッピング枠を換金するサービスを利用するためには条件や資格というほどの難しいものは、クレジットカードのショッピング枠で買い物をできる状態であれば即日で資金調達することが可能です。

 

逆にいえばクレジットカード所有者というのが条件になります。

 

そういう意味から審査不要で簡単にできる便利なサービスというのがこのサービスのメリットの一つでもあります。

 

現金化サービスに必要な書類

 

消費者金融でも、銀行の融資でも必要な書類がありますよね?

 

  1. 免許証
  2. 所得証明
  3. 源泉徴収

などなど。

 

しかし、クレジットカード現金化で必要なのは身分を証明できる、公的機関発行の身分証だけになります。

 

簡単にご説明すると、クレジットカード・免許証があれば他に必要な物は何もありません。

 

それがクレジットカード現金化というサービスの手軽さであり、利点でもあります。

 

その他に必要になる可能性のある書類

 

免許証が無い、パスポートも無い。
という方でも現金化をご利用いただくことは可能です。

 

しかし業者によってはお断りされる可能性もありますので限られた条件でも利用できる現金化業者を利用する用に心がけましょう。

 

この資金調達方法というのは商品を購入して転売するだけなので身分証明書があれば利用できるサービスです。

 

現在でもその点は変わりませんが、身分証が無い場合以下のものが必要になる可能性がある事があります。

 

  • 本人の現在の画像
  • 公共料金の明細等
  • 銀行口座

 

本人の現在の画像

 

現在のクレジット現金化サービスはほとんどが対面することなく電話やインターネットのみの手続きになるのがほとんどです。

 

換金サービスを行う業者がもっとも警戒しているのがなりすましによる不正使用です。

 

自宅にいてもできるという手軽さの反面、不正使用される可能性があるシステムとなっていますのでその予防策として本人の画像が必要となります。

 

公共料金の明細等

 

こたらの明細関係の書類は住所変更などあった場合、身分証明書が更新されていないと実際の住所がわからない場合があります。
そんな時に公共料金の明細で住所の確認をするということです。

 

銀行口座

 

銀行口座もインターネットの普及に伴うもので即日利用の方には必要不可欠な存在です。
ネット型の換金サービスを利用されている方は100%銀行振り込みになりますので申し込む前に確認したほうがよいでしょう。

 

クレジットカード現金化の利用資格について

 

冒頭でクレジットカードさえ持っていれば問題なく現金化のサービスを行う事が可能というように言いました。

 

本当にそうなのか?と疑問に思っている方もいるかもしれませんので、ここで簡単にクレジットカード現金化の詳細をご説明させていただきたいと思います。
そもそもクレジットカード現金化とは、クレジットカードが無ければ存在しないサービスになります。

 

後払いで商品を購入する事ができるというクレジットカードの特性を利用した、料金前借り法と思ってもらった方がしっくり来るかもしれません。

 

つまり、クレジットカードを持っている時点で誰でもクレジットカード現金化は可能なるのです。
クレジットカード現金化の仕組みについてはこちらをご覧ください。
クレジットカード現金化を行うには?その仕組みを調査してみる

 

更に返済はクレジットカード現金化業者ではなく、クレジットカード会社へ返済をするようになっていますので業者はただ、クレジットカードの現金化を手伝うだけの業者となっています。

 

こう言ってしまえば無責任に聞こえてしまうかも知れませんが、現金化業者に返済してもらう事ではないので審査も他の資金調達より軽くなっているという事なのです。