即日での用意も可能?クレジットカード現金化とは?

即日での用意も可能?クレジットカード現金化とは?

 

クレジットカード現金化という資金調達方法をご存知でしょうか?

 

このクレジットカード現金化を利用すれば、クレジットカードを持っている方は誰でも現金化をする事が可能となっています。
仕組みはとても簡単でクレジットカード現金化を利用する人は電話を掛けて、利用金額を業者に伝え、入金されるのを待つだけです。

 

ではこの資金調達方法、クレジットカード現金化はどの様に行うのかをご説明させていただきます。

 

クレジットカード現金化の方法と手順

クレジットカード現金化の方法と手順

 

現金化の方法を簡単に説明させていただくと以下のようになります。

 

  1. クレジットカード現金化業者のサイトから申し込みフォームに内容を記載し送信
  2. 折り返しかかってくる電話で本人確認、個人情報の登録を行う
  3. 個人情報の登録をした後に現金化した分の金額が指定先の銀行に入金される

 

以上が現金が振り込まれるまでの手順になります。

 

簡単にご説明させていただきましたが、今度は各パートごとに分けていきましょう。

 

サイトのフォームから申し込み

サイトのフォームから申し込み

 

サイトのフォームから申し込みする理由は現金化手続きの短縮です。
電話でも申し込みを行う事は可能ですが電話の申し込みを新規の方が行うと個人情報の登録に時間がかかってしまいます。

 

住所や電話番号などの情報を口答で説明するのと、文字で説明するのとではかかる時間が大幅に違います。

 

その為、予めサイトから申し込みを行った方が効率がいいという事なのです。

 

本人確認と個人情報の登録

本人確認と個人情報の登録

 

クレジットカード現金化を行う人が一番嫌がる手順がこの本人確認と、個人情報の登録です。
何故この2つの手順は利用者に嫌われるのでしょうか?

 

理由は以下の通りです。

 

  1. 住所
  2. 身分証
  3. クレジットカードの情報

 

この中で特に嫌がられているのはクレジットカードの情報提供です。
クレジットカードはその情報が渡るだけで持ち主でなくてもカードで決済ができてしまう為、基本的にその行動を良しとする利用者はいません。

 

しかし、このクレジットカードは裏面にあるセキュリティーキーさえ渡さなければ悪用される事はありません。
更に大手ショッピングサイトでもクレジットカードで決済する場合当然のようにカードの情報を事細かく入力していますよね?

 

大手ショッピングサイトは『ネームバリューがあるから悪用しない』とい思っていても、ハッキングされて個人情報が盗まれたり内部のどっかで漏洩している可能性はゼロではありません

 

その為、クレジットカード現金化で個人情報を渡すのと大手ショッピングサイトにクレジットカードの情報を渡すのはなんら変わりのない事なんです。

 

悪質業者の存在と注意点

悪質業者の存在と注意点

 

『クレジットカード現金化』という単語の後に付く言葉で有名な言葉は『悪質』や『詐欺』です。

 

最近ではめっきり少なくなった詐欺業者や悪質業者ですが、現金化業界でサービス提供を行っている事は間違いありません。
その為現金化サービスを利用する時は業者選びを身長に行わなければならないのです。

 

しかし、現金化の経験が浅い人や現金化を利用した事がない方には優良の現金化業者は判断しにくいと有名です。

 

そこで当サイトで調査して優良だと判断した現金化業者で構成した業者ランキングをご紹介させていただきます。

 

現金化業者探しにお悩みの方はこちらをご利用ください。

 

優良現金化業者ランキング