闇金融とクレジットカード現金化の違い

闇金融とクレジットカード現金化の違い

 

近年の報道では「闇金業者によるクレジット現金化商法」などと表現されることが多く、闇金融業者=現金化業者という図式に思われがちですが明らかな違いがあります。
確かにこれまで逮捕されてきた現金化業者が元闇金業者であったり、正規の金融業者が顧客にクレジットカード現金化をさせていたケースもありますが全てという訳ではありません。

 

逮捕されている罪名自体も貸金業法違反出資法違反と同様のものなので混同しがちですがクレジットカード現金化と消費者金融ましては、闇金とも違うという事になります。

 

今からその違いを解説していきたいと思います。

 

金融業者の場合

  • 金銭借用証書による融資
  • 融資のための審査がある
  • 金利がかかる
  • 業者に返済しなければならない
  • 金融業は貸金業の免許が必要

現金化業者の場合

  • 融資ではないため借用書や審査は不要
  • 金利はクレジットカードのショッピング利用分
  • 金利以外の手数料が必要
  • 返済はクレジットカード会社
  • 現金化業者の許可は特にない(商品買取の場合、古物の許可が必要)

 

現金化業者と消費者金融の根本的な違い

現金化業者と消費者金融の根本的な違い

 

以上の違いでは良くわからない方も多いかと思いますので、クレジットカード現金化業者と消費者金融がどのように違うのかをご説明させていただきたいと思います。
2つのサービスは根本的に違う物となっており、共通する点といえば資金調達という部分のみとなっています。

 

闇金は法律的にもアウトな存在の為、比較する事に意味を成しません。
そこで、消費者金融という貸金業とクレジットカード現金化という2つのサービスはどうのように違ってくるのかを確認していきたいと思います。

 

まずは貸金業である消費者金融から調査を行っていきましょう。

 

消費者金融のサービス詳細

消費者金融のサービス詳細

 

消費者金融は現金を利用者に貸し、借りた日数によって変わる金利で会社の利益を出す業者となっています。
借りるには厳重な審査が必要です。

  • 職場へ電話での在籍確認
  • 緊急連絡先(実家または家族の連絡先)
  • 過去2か月分の給料明細(もしくは源泉徴収票)
  • 公的機関発行の身分証

以上のものが必要になります。

 

しかし、審査に通れば基本的にどのコンビニでも現金を下ろす事が可能となります。
消費者金融専用のATMでは手数料が掛からず引き出す事も可能となっているのです。

 

金融業者の顧客情報は裏側で共有されている為、ブラックリストに乗ってしまった場合には他の消費者金融で借り入れをする事が出来なくなります。
1社でも2社でも借り入れできる合計金額は利用者の年収の1/3と決められています。

 

つまり、年収が100万円の人がA社で25万円を借り入れていた場合、B社では最高5万円までしか借り入れをする事が出来ません。

 

クレジットカード現金化業者のサービス詳細

クレジットカード現金化業者のサービス詳細

 

クレジットカード現金化業者のサービスは、商品を購入した際のキャッシュバック、または商品の買取によって資金を調達するサービスとなっています。
詳しい手順はこちらの記事でご説明させていただいておりますのでご覧ください。

 

キャッシュバックによる方法
商品買取による方法

 

審査は個人情報と本人確認のみで、職場への在籍確認や緊急連絡先などは不要となっています。
現金は業者から指定された口座に振り込まれるという方法での受け渡しとなりますので、早い現金化業者だと10分〜30分での入金という事になります。

 

現金化出来る金額は、クレジットカードのショッピング枠によって限度額が決まってきます。
ショッピング枠とは、クレジットカードを利用して買い物が出来る金額の事でこの限度額も消費者金融と同様年収の1/3と決められています。

 

返済はクレジットカード現金化業者ではなく、クレジットカード会社に支払いを行うので現金が振り込まれた後に現金化業者とやり取りを行う必要はありません。

 

適用される法律も違う2つの資金調達方法

適用される法律も違う2つの資金調達方法

 

消費者金融は利用者と金銭を主体としたやり取りを行っています。
その為、適用される法律は貸金業法となりますがクレジットカード現金化というサービスに貸金業法は適用されません。

 

では、どのような法律が適用されるのか?という疑問ですが、クレジットカード現金化業者には古物営業法が適用されます。
この法律が適用されるのは、リサイクルショップ・中古ショップといった中古品を扱う店舗が主です。

 

この時点で解っていただけるのは、適用される法律が違うという事は完全な土俵違いという事です。
先程説明させていただいた通り、現金化業者のサービスと適用される法律が違うという事が解ります。

 

つまり完全に別物のサービスという事です。

 

闇金と同じ貸金業法が適用される消費者金融と全く異なるサービスのクレジットカード現金化は、同時に闇金とも全く異なるサービスを提供している業者という事ですね。

 

現金化業者は何故闇金と言われたのか?

現金化業者は何故闇金と言われたのか?

 

では何故現金化業者は闇金といわれてしまったのでしょうか?
そこには、悪質な現金化業者が原因でした。

 

悪質の現金化業者は低い換金率で現金化を行ったり、酷い悪質業者になると現金を振りこまないという行動に出る場合もあります。
その為、この悪質現金化業者の悪評が1人歩きし、クレジットカード現金化=悪質サービス悪質サービス=闇金という結果になってしまったのでしょう。

 

以上がクレジットカード現金化業者が闇金ではないという理由になります。

 

しかし、今お話したようにクレジットカード現金化業者にも悪質の現金化業者が存在しています。
その為、クレジットカード現金化サービスを利用する場合は悪質業者に引っかからないように注意する必要があるのです。

 

では、どのように注意をすればいいのでしょうか?
優良の現金化業者を利用するように心がける事が唯一の方法と言えます。

 

その優良な現金化業者はどのように探せばいいのか?という疑問もあるかもしれません。
当サイトでは、現金化業者を調査し優良の現金化業者をランキングで掲載してあります

 

もしもクレジットカード現金化業者をお探しの方はこちらのランキングを参考に現金化業者の選定を行ってみてはいかがでしょうか?

優良の現金化業者ランキングはこちら