闇金融との違い

MENU

闇金融とクレジットカード現金化の違い

 昨今の報道では「闇金業者によるクレジット現金化商法」などと表現されることが多く、闇金融業者=現金化業者という図式に思われがちですが明らかな違いがあります。確かにこれまで逮捕されてきた現金化業者が元闇金業者であったり、正規の金融業者が顧客にクレジットカード現金化させていたケースもありますが全てという訳ではありません。逮捕されている罪名自体も貸金業法違反や出資法違反と同様のものなので混同しがちですがその違いを解説していきます。

金融業者の場合

  • 金銭借用証書による融資
  • 融資のための審査がある
  • 金利がかかる
  • 業者に返済しなければならない
  • 金融業は貸金業の免許が必要

現金化業者の場合

  • 融資ではないため借用書や審査は不要
  • 金利はクレジットカードのショッピング利用分
  • 金利以外の手数料が必要
  • 返済はクレジットカード会社
  • 現金化業者の許可は特にない(商品買取の場合、古物の許可が必要)

 

闇金融と現金化業者

現在の法律ではキャッシュバックでするための手数料を実質的な高金利とみなされ貸金業という扱いにされていますが、商品買取の換金方法の場合は金利と捉えることすら困難であり違法性を問うことは不可能とされております。これにより今後、キャッシュバックによる方法は衰退していき、商品買取若しくは新たな方法でのショッピング枠現金化が繁栄する可能性が高いとみられております。

関連ページ

口コミや評判で比較
クレジットカード現金化を比較する際に利用者の口コミや評判を参考にすることがありますが、それが絶対に正しい口コミとは限りません。
即日換金できる利用限度額
即日でクレジット現金化をする際に利用可能な限度額というものが存在します。カードの種類や過去の利用履歴により定められております。
2018年の展望
2018年のクレジットカード現金化業界がどのように移り変わるのか推測と展望
20年前のクレジットカード現金化
20年前に行われていたクレジットカードのショッピング枠現金化方法