新生堂の会社概要

新生堂の画像

 

現金化サイト名 新生堂
サイト運営責任者 佐々木 浩司
所在地 東京都渋谷区初台1-9-7
営業時間
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ
最低換金率 87%
最短入金速度 最短5分
URL http://gk-shinseido.com/
キャンペーン情報
  • 15万円以上 抽選5名様に現金2万円プレゼント
  • 30万円以上 抽選3名様に現金5万円プレゼント

 

新生堂が詐欺と言われる口コミ

新生堂が詐欺と言われる口コミ

 

新生堂は換金率が最低87%という現金化業界では大変珍しい現金化業者となっています。
しかし、この新生堂は口コミの評判では『詐欺業者』という評判になっているのですが、果たして本当なのでしょうか?

 

そこで新生堂の口コミを集めてみました。
まずはその口コミからご覧ください。

 

新生堂の口コミ評判

  • 新生堂で現金化をお願いしたのですが、換金率が79%でした。
  • 最低換金率ってなんなんですか?80%だったんですが残りの6%はどこにいったんですか?
  • 79%ってなんだよ。めっちゃ低いじゃん。
  • 換金率87%を期待してきたのに全然違う換金率でした。酷いです。
  • 現金化ってどうなってるんですか?これじゃ詐欺も同然じゃないですか!
  • 換金率79%でした。お金が減っている云々というより詐欺に合った事が許せません。
  • ほんとに信じられない。79%って80%にも届かないんだ・・・。
  • 81%とかマジでなめてるでしょ。現金化初心者だけど流石に詐欺に気付くわ。

 

ご覧いただければ解るように批判の嵐ですね。
新生堂は口コミの評判が以上のように悪くなっている現金化業者なのですが・・・この口コミを見ただけで、わかる人にはわかる答えと疑問が浮き彫りになってきました。

 

では、この口コミに隠されているヒントから新生堂の換金率の正体を暴いていきましょう。

 

現金化業界の知識〜暗黙の換金率〜

現金化業界の知識〜暗黙の換金率〜

 

先程の口コミでは『換金率が87%になっていない』というクレームが多く出ている事がわかりますね。

 

しかし、換金率がある一定の数値から落ちていないという事には気づきましたか?
これは引っ掛け問題のような物で、どこの現金化業者でも行っていることでもありますし、行わなければいけない事でもあります。

 

では換金率を明確に表記している口コミから適用されたパーセンテージを見ていってみましょう。

 

  1. 79%
  2. 80%
  3. 79%
  4. 79%
  5. 79%
  6. 81%

 

こちらが口コミ評判の換金率だけを取り出した物になります。
このように並べれば解りやすいかもしれません。

 

新生堂の換金率は基本的に79%が多くなっている事がわかります。
では、なぜ79%に偏るのでしょうか?

 

それには最低換金率とある物が関係しているんです。

最低換金率と消費税

最低換金率と消費税

 

さあ、もうわかった方もいるのではないでしょうか?
最低換金率に届かない理由は、消費税に問題があったんです。

 

では、ここでしっかりとご説明させていただきます。
この消費税の問題ですが、2017年現在は消費税が8%と定められています。

 

知らない方もいるかもしれませんが、クレジットカード現金化業者は貸金業ではありません。
商品を売っている、または買っているという形で利用者に現金を提供している形に過ぎないのです。

 

パターンはいくつか存在しますが、どれも『商品』を介して取引が行われています。

 

その為、消費税分が利用者から引かれることになり最低87%の換金率は79%になってしまうという訳です。

 

これで利用者の口コミを確認した時に79%の換金率が多くなっているのに納得する事が出来ますよね?

 

これでも納得しない方も居ると思うので更に掘り進んでご説明いたします。

 

最低87%から既に消費税が抜かれていない理由

最低87%から既に消費税が抜かれていない理由

 

皆さんはこう思った方も多いのではないでしょうか?

 

最低換金率87%ならもう消費税抜かれてるだろ!

 

先程も言いましたが、クレジットカード現金化は商品をやり取りする資金調達サービスです。
皆さんもよく目にするミネラルウォーターですが、コンビニでは100円前後、スーパーなどでは90円前後で売られていますよね。

 

消費税込みで108円ほどの値段で買えるこのミネラルウォーターですが原価は実質50円前後という事を知っていましたか?

 

つまり皆さんは、ミネラルウォーターを原価の2倍の値段で購入しているんです。

 

しかし、商品を売りに出す時にはどの業界の業者でも基本的に商品を原価で売ったりはしません、これは当然の事で暗黙の了解として受け入れられています。

 

商売はボランティア活動ではありません。
それは現金化業者も同じことなので、当然換金率を100%からスタートする事は出来ないのです。

 

その為、商品の代金分と業者のわずかな利益が引かれた換金率での現金化となる訳です。
更にそこから、消費税の他に手数料が発生する現金化業者も存在します。

 

この手数料は、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという特異な技術を利用する為の費用ですね。
手数料には相場が存在しますが、業者によって微妙に変わってきます。

 

現金化業者で換金率が変わるのはその為ですね。

 

当然手数料の取らない業者も存在します。
その様な業者が優良業者といわれているという事です。

 

新生堂は詐欺業者ではない?

新生堂は詐欺業者ではない?

 

換金率79%の新生堂は結果的に詐欺業者なのか?と言われるとそれは違います。
現金化業界の平均換金率は75%前後と言われていて、75%以上ましてや80%の換金率を提示してくれる現金化業者は優良業者といわれています。

 

これは先程お伝えした、原価と手数料の話を参考にしていただければわかりやすいと思います。

 

結果的に、80%の換金率を提示できる現金化業者である新生堂は当然、優良業者という事になるのは間違いありません。
これで、新生堂が詐欺と言われている理由とそうでない理由が証明されました。

 

しかし、このような事は暗黙の了解が多い現金化業界ではよくある事なのです。
お金が掛かってますから、1%でも違えば不満も溢れてしまうのは仕方ありません。

 

しかし、その仕組みを心得ていればもう安心です。
これを機会に優良業者の新生堂での現金化を試してみてはいかがでしょうか?

 

新生堂の公式ページはこちら