換金率・還元率についての詳細

クレジットカード現金化の還元率・換金率について

街でよく見かける商品券や新幹線の回数券などを買取販売している金券ショップがあります。

 

このようなお店には金券などを買取する割合や販売価格が表記されております。

 

一般的にある全ての商品には価格がありますが定められていないものがほとんどです。

 

しかし、金券ショップで取り扱っている商品は購入する辞典の販売価格が固定されておりそれに対しての買い取る割合があります。

 

例えば10万円分の商品券の場合は10万円以上の価格で販売されることはありません。

 

その商品券に対し買取率が95%の場合は、10万円分の商品券を9万5千円で買い取ってもらうことが可能なのです。この割合が換金率であり還元率であります。

 

換金率と還元率の違い

クレジットカードのショッピング枠現金化のホームページには換金率と記載しているところもあれば還元率と記載しているところもあります。内容的には同じ意味の言葉なのですが現金化する方法により使い分けられています。

 

換金率

本来は「換金する割合」という意味になりますので商品をお金に換えるということになります。なので金券ショップもそうですが商品買取の場合は換金率もしくは買取率というのがあてはまります。

 

還元率

「還元する割合」という意味なので商品を売ることには適しません。主にキャッシュバックによる現金化で使われていますが、キャッシュバックによる現金の還元という捉え方で多く使用されています。



>>クレジットカード現金化換金率で比較 | TOP項


換金率・還元率について記事一覧

クレジットカード現金化のホームページには必ず換金率や還元率といった割合が大きく表記されています。この数字というのは利用者にとってどの現金化サイトで換金するか選ぶ一番の基準となっています。利用者から見れば換金率が現金化業者のバロメーターともいえます。もちろん見る側からしてみれば高いほうがよいのは当然です。金額やプランなどによって変動する業者がほとんどなので利用する金額とプランに合わせて割合を見なけれ...

よくある話ですがネットオークションで欲しい物を安価で購入しようと思ったことって誰にでもあると思います。例えば1000円で市販されている商品がオークションなら500円で買えました。しかし、商品の送料や代引き手数料を含むと結果的に1000円以上の金額を支払わなければならなくなってしまいます。結論として安い買い物をしようとして失敗してしまった話ですがクレジットカード現金化でも似たようなケースがあります。...

クレジットカード現金化を利用した事のある方はご存知かもしれません。しかし、現金化を利用する際には必ず本人確認と個人情報の登録が必要になっています。現金化を利用する方の中にはこの本人確認がまどろっこしいと思う方も居るかもしれません。しかし、この個人情報の確認をもし現金化業者が怠ってしまった場合、その現金化業者は法律違反となってしまうのです。ではなぜ法律違反になるのか?という説明も含めてクレジットカー...

クレジットカードのショッピング枠現金化は新しいスタイルの資金調達方法として多くの方が利用しているサービスですが世間一般的なイメージでは新手の闇金融の手口としてネガティブな印象が根強く植えつけられています。その理由として悪質な現金化業者の存在が大きく影響しています。全てのクレジットカード現金化の業者が悪質な行為で運営している訳ではありませんが少なからず現在でも悪徳業者は存在しているのです。悪質な現金...