現金化業者の換金率の表記方法

MENU

クレジット現金化のホームページの換金率

換金率の表記方法

クレジットカード現金化のホームページには必ず換金率や還元率といった割合が大きく表記されています。この数字というのは利用者にとってどの現金化サイトで換金するか選ぶ一番の基準となっています。利用者から見ればこの数字が現金化業者のバロメーターともいえます。もちろん見る側からしてみれば高いほうがよいのは当然なのですが金額やプランなどによって変動する業者がほとんどなので利用する金額とプランに合わせて割合を見なければなりません。

よくある表記方法に注意

現金化業者のホームページどのような表記方法で表示されているのでしょうか?

  1. 最高96%キャッシュバック
  2. 最低80%保証
  3. 他社よりも1%でも高く還元
  4. 換金率85%〜92%
  5. 完全一律88%確定

この数字を見て利用者は業者を決めるわけですから現金化サイトの顔ともいえます。ではどの表記方法が一番高い利率なのでしょうか。

最高96%キャッシュバック

一番多いパターンですが、数字だけみれば最高96%が一番高い数字に見えるのは誰もが思うことでしょう。しかし、あくまでも最高であった場合の数字なので最高でない場合もあります。というよりこの最高の割合はありえない条件での数字ですので実質は不可能といっていいでしょう。

最低80%保証

こちらは堅実な方にあった確実な最低ラインでの表示方法です。しかしこのような表記の場合は最低というより80%にしかならないことが多いので80%では不満な方には不向きと言えます。

他社よりも1%でも高く還元

こちらは数字がなく曖昧な感じですね。「以前の業者よりは高くします」ということなのでしょうが結局さじ加減で決めているということです。

換金率85%〜92%

ある程度はっきりとしている数字ですが利用金額などに変動されると少ない金額だと低い利率になってしまうので前回よりも下がることがありますので注意した方がよいでしょう。

完全一律88%確定

やはり一律の固定された数字はブレがなく安定しています。利用する前から決済金額と振込金額の目途がつくので計画的に利用することが可能です。

関連ページ

換金率以外の手数料
クレジットカードのショッピング枠現金化には換金率という割合がありますがそれ以外にもかかる手数料があります。その手数料の内訳を解説します。
90%以上の換金率
クレジットカード現金化のホームページでは90%以上の換金率を記載していることがよくありますが実際に90%以上の換金率で現金化できるところはありません。