カード枠現金化の換金率以外の手数料

カード枠現金化の換金率以外の手数料

 

よくある話ですがネットオークションで欲しい物を安価で購入しようと思ったことって誰にでもあると思います。
例えば1000円で市販されている商品がオークションなら500円で買えました。

 

しかし、商品の送料や代引き手数料を含むと結果的に1000円以上の金額を支払わなければならなくなってしまいます。

 

結論として安い買い物をしようとして失敗してしまった話ですがクレジットカード現金化でも似たようなケースがあります。

 

ホームページを見て95%の換金率だったので申し込んだら実際に振り込まれたのは70%くらいだった

 

これもよくある話なのですが、現金化業者の最高換金率は高く表示されていて、そのほかにかかる手数料などが記載されていないことがよくあります。

 

その為、換金率が低かった。というものはトラブルは良くあります。

 

ここで疑問に思うのは『何故そこまで換金率が下がるのか?』という所ですよね?
今回はその原因をご説明させていただきたいと思います。

 

換金率以外に必ずかかる手数料

換金率以外に必ずかかる手数料

 

換金率が下がる一番の原因は手数料です。
この手数料は、どこの現金化サイトでも必ずかかる物。

 

問題はそれを記載していないことがほとんどという点ですね。
しかし良く考えて見てください。

 

例えば深夜のファミリーレストラン、いやに会計が高いと思ったら深夜料金として料金が加算されていたり、カラオケのフリータイムで入ってもフリータイム+ルーム料金、タクシーの割り増し料金というように料金が若干違ったりした経験はありませんか?

 

このような料金はサービスを提供している側の正式な利益、取り分として認識されていますし法律的にも何の問題もありません。

 

では、皆さんはこの発生した料金が原因でトラブルになりますか?
恐らく一回目はトラブルになった方も少なくは無いかと思います。

 

しかし2回目からは?
その後利用する時に『深夜料金が掛かる』『ルーム代は別計算』『深夜は割り増しだから』というように覚えて、その差額ありきでサービスを利用しますよね?

 

初回はみんな不思議に思う事でも、サービスを提供する側はずっと自分達の営業スタイルで経営し続けています。
タクシーの運転手さんが料金を払う時に『いま深夜料金何で気をつけてくださいねー。』とは言われませんよね?

 

その様な理由で、現金化業者も手数料の事は何も言わないというようになっているのです。

 

現金化業者の手数料はどのくらいなのか?

現金化業者の手数料はどのくらいなのか?

 

基本的には現金化利用者が負担する手数料ですが、この手数料が現金化業者の利益に直接関わってくる物となっています。

 

単純に手数料が低ければ、換金率が高く。手数料が高ければ、換金率は低くなります。

 

そして、この手数料は現金化業者によって変わるので一概にどのくらいの手数料とは言えません。
業者が各々で決めている為、換金率の高い低いがハッキリと分かれてしまうのです。

 

消費税の存在

消費税の存在

 

そして、よく忘れがちなのが消費税の存在です。

 

これは、どこで何を購入するにしても必ず8%は加算される税金です。

 

この消費税を業者が負担してくれるということはありえません。
そしてクレジットカード現金化業者は商品を扱うサービスなので、基本的に掛かる物となっているのです。

 

現金化業者の手数料は現金化業者が決める

現金化業者の手数料は現金化業者が決める

 

以上の結果から、現金化に掛かる手数料は現金化業者が決める物となっています。
つまり換金率が下がるのは現金化業者が決めている手数料が原因という事がわかりますね。

 

逆を返せば手数料の低い現金化業者は換金率の高い現金化業者という解釈も可能ですよね?
そこで当サイトが調査した手数料の低い優良の現金化業者をご紹介させていただきます。

 

もしもいい業者をお探しの方はこちらのランキングをご覧ください。

 

hasan