現金化するためにクレジットカード決済にて購入する商品

MENU

クレジットカード決済にて購入可能な商品

クレジットカード現金化で購入する商品

クレジットカード現金化はお金を借りるためのキャッシング枠ではなく買い物をするためのショッピング枠を使用し現金化するサービスです。

 

そのためキャッシング枠が一杯になってしまい支払いや返済に困っている方でも利用することができる資金調達方法となっています。

 

では買い物をするためのショッピング枠をどのように現金化するのかといいますと、キャッシングのようにそのままお金を借りることはできないためショッピング枠を利用し買い物をします。

 

クレジットカード現金化をするための方法はいくつかに分類されており、クレジットカード決済にて購入した商品に現金キャッシュバックがもれなくついてくるキャッシュバックによる方法や、クレジットカードで購入した商品を買い取り換金する商品買取による方法があります。

 

クレジットカード現金化の方法によって購入する商品は異なっておりそれぞれの特徴があります。

 

しかしどの方法でも共通している点はクレジットカード決済にて購入できる商品という条件があります。

 

世界的に見ますと日本はクレジットカードの普及率は低い国となっており、すべてのお店でクレジットカードが使用できる訳ではありません。

 

従ってクレジットカード現金化で購入する商品もある程度限られてくることがわかります。

キャッシュバックで購入する商品

近年、インターネットサービスが急速に発達しておりネットショッピングも珍しいものではなく一般的な便利サービスとして活用されています。

 

ネットショッピングでは支払い方法として現金振込や代金引換だけでなくクレジットカード決済で支払うこともできます。ネットショッピングを利用している方の多くはクレジットカードと現金での支払いでは圧倒的にクレジットカードを選択する人が多いのが現状です。

 

その理由は現金で支払うためには手数料が別途必要となりますので割高で支払うことになります。その点クレジットカードで支払えば手数料は必要ありませんので商品の価格だけで購入することができます。

 

このようなネットショッピングの仕組みを利用したクレジットカード現金化がキャッシュバックによる方法となります。

 

キャッシュバックによる現金化はクレジットカード決済が可能なECサイトを運営しています。このECサイトで販売されている商品をクレジットカード決済にて購入しあらかじめ決められている還元率がキャッシュバックと称して振り込まれることになります。

 

キャッシュバックによる現金化で購入する商品というのは基本的に原価のかからない無価値の商品が使用されます。

 

キャッシュバックで無価値の商品が販売される理由は本当に価値のある商品にキャッシュバックを付けることができないからです。

 

例えば、販売価格10万円の商品を購入すると8万円が還元されます。その商品の原価が2万円以上すれば売れば売るほど赤字になってしまいます。それは商売として成立しません。

 

この商品が原価10円で仕入れることができれば19,990円が利益となります。これがキャッシュバックのカラクリとなっているのです。

 

そのためパワーストーンと称したビー玉やおもちゃの指輪などがキャッシュバック特典付き商品として用いられているのです。

 

クレジットカード決済にてキャッシュバック付き商品を販売すること自体に違法性はありませんが、10円の価値しかない商品を10万円で販売する行為が問題視されている部分があり安全な現金化方法とまでは言えません。

商品買取で購入する商品

クレジットカードのショッピング枠現金化は本来購入した商品を換金する方法が一般的であり主体となっているキャッシュバックは例外的な方法とされています。

 

商品買取による方法で購入する商品というのは換金性のある商品であれば何でもよいことになります。キャッシュバックでは無価値の商品でしたが商品買取では換金するため価値のある商品でなければなりません。

 

しかしクレジットカードで購入することが可能で換金することができれば現金化することができます。

 

実際に商品買取による現金化で購入する商品というのは時代の流れにより移り変わっており、現在では新幹線の回数券やアマゾンギフト券が主流となっています。

 

20年前のクレジットカード現金化ではノートパソコンやデジタルカメラといった家電製品やブランド品などで現金化していた頃もありましたが現在では少ないようです。

 

結局のところ高く買取が可能な商品ということになり買取市場がある商品ということになります。この商品買取による現金化方法には違法性はありませんが、換金目的による不正使用クレジット会社に疑われる危険性があります。

 

そのため従来のような家電製品よりも電子ギフト券などの方が安全性が高いとされており現金化業界自体もシフトしつつあります。

 

アマゾンギフト券買取によりクレジットカード現金化した場合、クレジットカードの請求としてはAmazonで商品を購入した履歴しか残りません。

 

Amazonでは1億点以上の商品が販売されており書籍を購入してもギフト券を購入しても同様にAmazonで買い物をしただけですので不正使用となるリスクはありません。


関連ページ

クレジット会社に対する注意事項
クレジットカードのショッピング枠現金化を利用する際には様々なことに注意しなければなりません。特にクレジット会社に対しては慎重にならなければいけません。
現金化業者に対する注意事項
クレジットカード現金化業者と接する際に注意すべき点をまとめました。現金化業者は全てが安全というわけではありませんので気をつけましょう。