クレジット会社に対する注意事項

MENU

クレジットカード会社に対する注意事項

クレジット会社の注意事項

 クレジットカードのショッピング枠現金化をするためには必ずカードが必要になります。つまりカードの所有者でなければこのサービスをうけることはできません。カードの所有者というのはクレジット会社との契約を結び会員になったということになります。会員になるための契約の中に会員規約がありこのショッピング枠を換金目的で使用することを禁止しています。このサービス自体は会員規約に背く行為ですが、クレジット会社からすればカードを利用してもらわなければ意味がないので黙認している部分もあります。

換金性の高い商品の購入

クレジット会社には購入履歴などを確認することが可能です。換金性の高い商品の購入は換金目的によるショッピング枠の不正使用と疑われる可能性の高い行為です。一度だけならまだしも大量購入や複数回の購入は危険性の高いクレジットカードの使用方法になります。

価値のない商品の購入

クレジット会社は履歴を確認すれば、いつ、どこのお店で、どんな商品を、どれだけ購入したかというのが把握できます。しかし以前話題になっていたキャッシュバックの場合、カード決済としては高価なアクセサリーを購入したという情報でしたが実際には価値のないおもちゃのような商品でした。トラブルがなければクレジット会社には知る由もないことなのですが、何か起きたときにはクレジット会社に対して詐欺行為と捉えられる可能性もあります。

架空決済

価値のない商品と同じようなことですが決済をしたのに商品の配送等がない場合です。これもトラブルが起きた際に商品や発送証明を確認できないので危険な行為になります。

誤った決済

一般的なネットショップでも同じですが誤った金額で決済してしまいますとキャンセルしなければなりません。キャンセルをかけた時点で利用枠が戻ることはなく長くて一ヶ月くらい必要なクレジット会社もあります。枠がすぐ戻るものだと勘違いして決済を続けてしまいますと利用制限をかけられる恐れがありますのでご注意ください。

チャージバック

普通に人には聞きなれない言葉かも知れませんがこのチャージバックというのはクレジット会社による強制的なキャンセルです。まずありえない話なのですがチャージバックになってしまったら高い確率でカードが利用停止になると思ってください。

関連ページ

現金化業者に対する注意事項
クレジットカード現金化業者と接する際に注意すべき点をまとめました。現金化業者は全てが安全というわけではありませんので気をつけましょう。
現金化するために購入する商品
クレジットカード現金化するためにはショッピング枠を利用し買い物をすることになります。クレジットカード現金化で購入する商品におついて