パチンコとクレジットカード現金化の違法性を考察

MENU

パチンコ玉を換金する行為は実は違法

クレジットカード現金化とパチンコの違法性

現行法では競馬や競輪、オートレースなどの公営ギャンブル以外の賭け事は賭博行為として法律で禁じられております。

 

日本人がもっとも身近なギャンブルとして定着しているのがパチンコやパチスロです。現在の日本の法律では公営賭博は違法行為となりますがパチンコは賭け事ではなく風俗営業とされています。

 

つまりパチンコはギャンブルではなくゲームセンターと同じ娯楽の施設ということになるのです。

 

しかし実際にはギャンブル的な要素を含んだ実質的な賭博行為というのは周知の事実だといえるでしょう。

 

なぜパチンコが賭博行為にならないのかといいますとパチンコ玉を換金するシステムにカラクリがあるのです。

パチンコがギャンブルにならないカラクリ

そもそも賭博というのは金品を賭して主催者、当事者が共に失うリスクのある行為のことを指します。

 

例えばビンゴゲームのように当事者が一方的に利益を得るものは賭博には該当しません。

 

パチンコは最初に現金でパチンコ玉を借りそれをパチンコ台に投じ一定の確率で大当たりし増やすゲームです。大当たりしなければ現金を投じる一方となりますが、大当たりすれば大逆転する可能性もあります。

 

大当たりし増えたパチンコ玉は相当数の景品と交換することができる娯楽です。

 

この時点ではギャンブルには該当しません。パチンコを頻繁に利用している客は出玉を金属などの特殊景品と交換します。

 

この特殊景品は金貨などの実際に価値のある景品なのですが興味のない多くの人にとってはほとんど価値のない景品です。

 

東京都内のパチンコ店の近辺には必ず黄色い看板で「TUC」と書かれたちょっと不思議なお店があります。出玉を特殊景品と交換した人は必ずこのTUCに向かいます。

 

このTUCというお店は東京ユニオンサーキュレーション株式会社の略称でパチンコ店向けの景品の卸売等を行っている企業や組合です。

 

パチンコ店で獲得した特殊景品を古物営業法に基づき買取を行うお店ということなります。買取るということは特殊景品は換金することができ実質的にはパチンコ玉を間接的に換金することができるのです。

 

そのためパチンコはギャンブルとして認知されていますが、パチンコ店側はあくまでもパチンコ玉をお菓子やタバコと同じように特殊景品と交換しているだけであり換金はしていません。

 

特殊景品を換金することができるTUCというお店は近くにありますがパチンコ店とは直接関係がなければリサイクルショップなどと同じような普通の買取業者でしかありません。

 

そのためパチンコは賭博ではなく娯楽の一つという建前があり社会の一部に組み込まれているのです。

 

しかしながらどこのパチンコ店でも出玉を現金に換金することができ娯楽よりもギャンブルとして利用している方がほとんどであり違法という意見もありますが現段階では暗黙のルールとして違法化される動きはありません。

 

クレジットカード現金化は商品売買を装った実質的な融資として違法なビジネスとされていますが、パチンコも娯楽を装った実質的な賭博行為として違法なサービスが野放しになっていることになりますが、それを取り締まるのも認めるのも人間が法律をどう解釈するのかに委ねられるということになります。


クレジットカード現金化業者や高金利での貸金業なのか?

クレジットカード現金化業者逮捕

クレジットカードのショッピング枠現金化は世間一般的には法律に違反する行為として抵抗感を抱く方は少なくありません。

 

クレジットカード現金化業者=商品売買を装った高利貸しとてヤミ金融と同じように貸金業法違反や出資法違反で逮捕される業者も出ています。

 

パチンコが賭博と判断されないよう法律の隙間を掻い潜った換金方法を行い建前を取り繕っております。しかし誰もがパチンコはどこにでもある手軽にできるギャンブルであり、違法なビジネスという認識はありません。

 

一方、クレジットカードのショッピング枠現金化は数年前に報道されたニュースの影響などから実質的なヤミ金融という認識があります。

 

しかしパチンコの換金システムと同様にクレジットーカード決済で購入した商品を関係のない買取業者で換金する方法であれば違法性はないように思われます。

 

2016年2月に上野で商品買取による老舗現金化業者が逮捕されたニュースがありました。

 

この現金化業者の換金方法は利用者にクレジットカードでカバンなどを購入させ別の買取店で換金する方法で現金化していました。

 

この仕組みはパチンコ店の出玉を景品に交換し買取業者で換金するシステムとほぼ同じ内容となります。

 

逮捕された現金化業者はこの換金方法で10年以上営業を行っておりパチンコと同じように正規の販売店と買取店としてクレジットカード現金化を続けていましたが、商品売買を装った貸金業と判断され逮捕されてのです。

商品買取のクレジットカード現金化の違法性について

商品買取での現金化が逮捕された件について考察してみますと、過去に摘発された現金化業者の多くがキャッシュバックによる方法の業者でした。

 

その影響からか多くのクレジットカード現金化は主流となっていたキャッシュバックから商品買取の方法へと移行する傾向がありました。

 

そのためクレジットカード現金化業界の認識としてキャッシュバックは危険だが商品買取なら問題ないという意識が強くなっていた矢先の老舗現金化業者の検挙です。

 

つまりキャッシュバックでも商品買取でも売買取引を偽装したクレジットカード現金化による貸金業は違法と判断するという見せしめにも捉えられます。

 

確かに商品買取でのショッピング枠現金化として10年間営業していたお店が突然逮捕されるというのはおかしな話です。特に法改正が行われたわけでもないのに急に違法と判断されるのは当事者にとっても腑に落ちないというの当然のことです。

 

パチンコの換金方法も同様に違法と判断されることが今後あることになりますが、それにより日本経済は甚大な影響がありますので突然違法化されることはないでしょう。

 

しかしクレジットカード現金化は現在の形式では大半が違法と判断される方法となり完全に安全な方法は新幹線の回数券やアマゾンギフト券の買取による方法のみです。

 

現金化業者のホームページからではどのような方法で現金化されるのかは判断することは難しいですが内容によっては法律に違反する可能性もありますので注意が必要といえるでしょう。


関連ページ

クレジットカード現金化の違法性
クレジットカードのショッピング枠現金化をする行為自体には違法性は存在するのかを考察してみました。